本町田むかいかみ緑と湧水
























  身近な自然で
 いいことふくらむまちだ

本町田向上(むかいかみ)と南大谷の緑と湧水


■身近な自然に目を向けてみませんか         

新緑がまぶしい緑地の様子
開発前の写真です


 東京都町田市本町田の向上(むかいかみ)地区と南大谷の間には、湧水を伴う、まとまった規模の緑地があります。
 そこには、ホトケドジョウやサワガニなどの水生生物をはじめ、多くの野鳥など、様々な生きものが住んでおり、多摩の丘陵地本来の、町田市本来の自然が今も息づいています。
 町田駅から徒歩15分程度の住宅地の合間に、この様な素晴らしい自然があることはあまり知られていません。
 多くの人に、ここの自然の価値を知ってもらいたいと考えております。
 ここは「町田市緑の基本計画2020」でも、緑の保全上特に重要な緑地である「保全候補地」になっています。
 しかし、本緑地で宅地開発が進行し、ほとんどの緑が失われました。