本町田むかいかみ緑と湧水

開発計画


←宅地開発に関する各種動向などについては左のメニューをクリック

開発計画図 (2014.5.30)

2014年6月15日
 町内会経由で2014年5月30日付けの開発計画図を入手しました。
  
 ●開発計画 (PDF 1.2MB
土地利用計画図2014.5.30
       <土地利用計画図 26年5月30日>




「開発等の構想のお知らせ」が掲示され、近隣説明会開催へ!

2013年4月10日
 宅地開発計画が動き出し、緑地の周囲に「開発等の構想のお知らせ」が掲示され、近隣住民に、近隣説明会の開催のお知らせや説明会資料としての開発計画が配布されました。

 開発等の名称:(町田市)本町田7宅地造成工事
 開発等の位置:町田市本町田字二号249番 外
 事業者    :株式会社 さくら建設
 区域の面積  :20,377.38平方メートル
 開発行為  :84宅地  土砂等の搬出入 有
 事業期間  :平成25年11月21日〜平成28年1月6日

近隣説明会は4月20日(土)9:30から町田文化交流センターで開催されます。
近隣説明会の受付には、配布資料の受付確認書が必要になるようです。

詳しくは近隣の会員から入手した配布資料をごらんください。

 ●近隣説明会開催の案内 (PDF 約4MB)
 
 ●開発計画 (JPEG版 各2MB位置図 区域図 計画図) (PDF版 約24MB
土地利用計画図
       <土地利用計画図 25年4月10日>





宅地開発計画があることが判明!

2012年1月28日
 谷戸の谷底部の建物が取り壊されたり、市道の境界が新しくなっていたり、埋もれていた境界杭が掘り出され確認できるようになっていることなどから、土地の売買や開発の動きがあることが予想されていました。
 そこで、会員が、東京都に対して情報開示請求を行ったところ、宅地造成の計画があることが判明しました。
 東京都内では「東京における自然の保護と回復に関する条例」により、一定規模以上の自然地を開発する際は知事の許可が必要になるので、その関連文書を入手したものです。
 
 計画によると、谷戸に土砂を入れ、湧水を埋め立てて、約90区画もの戸建住宅の宅地造成を行うというものです。
 計画通りに事業が進めば、ほとんどの緑は失われ、水路は暗渠になり、多くの生きものや自然が失われることとなります。

宅地開発計画図231226
宅地開発計画図231226  <宅地開発計画図231226のPDFファイル>


開示された文書の一部
開示された文書の一部