本町田むかいかみ緑と湧水

開発計画


←宅地開発に関する各種動向などについては左のメニューをクリック
  なお2015年2月に取り消された開発計画については(旧計画)として整理しました。
  また、複数の事業が行われているため、タイトルに事業者名を記入し整理しました。

宅地開発工事が始まっています(平成27年7月〜)

宅地開発事業の修正など(プラザハウス)

2015年5月10日
現地の宅地開発事業のお知らせの記載が修正されていました。
区域の地番は予想していた通り、分筆のため増えました。
また面積も修正され、30uほど増加していました。



近隣説明会が開催され新たな宅地開発計画が明らかに!(さくら建設)

2015年5月2日
 4月25日に近隣説明会が開催され、新たな宅地開発計画の内容などが明らかになりました。分筆後の開発区域関係図も示され、緑地全体の開発計画も分かるようになりました。近隣の会員から入手した配布資料をご覧ください。
 
 ●開発計画 (PDF版 開発区域関係図 土地利用計画図 植栽計画図 造成計画図
開発区域関係図
       <開発区域関係図 27年4月1日>

土地利用計画図
<土地利用計画図 27年4月15日>




さらに新たな「開発等の構想のお知らせ」が掲示(さくら建設)

2015年4月20日
一度取り消された宅地開発計画が更新され、緑地の周囲に新たな「開発等の構想のお知らせ」が掲示されていました。
 開発等の名称:(町田市)本町田7-3宅地造成工事
 開発等の位置:町田市本町田字二号249番3外
 事業者    :株式会社 さくら建設
 区域の面積  :約12,172.24平方メートル
 開発行為  :49宅地  土砂等の搬出入 有
 事業期間  :着工後15ケ月(予定)


また、 ”「くじら山」の緑を考える会”からの情報によると近隣住民向けの説明会が4月25日に行われるということです。
分筆され、宅地数や面積が旧計画より減りましたが、それでも1ヘクタール以上の開発面積がありますので、今後は旧計画と同様に各種条例に基づく手続きや許認可がなされるものと思われます。



新たな宅地開発計画の修正など(プラザハウス)

2015年3月8日
現地の宅地開発事業のお知らせの事業区域の面積が2664.16uに修正されていました。当初の計画より2.5u程度ですが増えたことになります。
面積の訂正
また、 ”「くじら山」の緑を考える会”から新たな情報をいただきました。
さらに土地の分筆が進んだようで、249番地は6つに別れて、所有者も複数になっているということです。現地のお知らせ看板にも地番表示がありますが、これも今後さらに修正されるかも知れません。
また、事業区域には6m幅の道路を設置するようです。通常、採算性を考えると9宅地だけのために6mの幅の道路を造ることはしないと思いますが、将来的な隣接地の開発を見込んでいるのではないかと推測されます。




新たな宅地開発計画!(プラザハウス)

2015年2月21日
 ”「くじら山」の緑を考える会”から情報をいただき、新たな宅地開発計画があることがわかりました。土地を分筆して新たな事業者に売却したとのことで、現地にも新たに「宅地開発事業のお知らせ」が表示されました。
 
宅地開発事業のお知らせ

・工事予定期間:平成27年6月1日〜平成27年12月26日
・事業区域の面積:2,661.65u
・専用住宅:9宅地
・事業者:潟vラザハウス
・設計者:潟п[ドエンジニアリング 
・工事施行者:未定
・標識設置年月日:平成27年2月16日     

この規模ですと、住民説明会の開催も不要で、自然保護条例の対象にもならないようです。計画図などもまだ分からないので、土地の形状やどのように開発されるのかは不明です。


宅地開発計画の取り下げ (旧計画)

2015年2月15日
 これまで現地に表示してあった宅地開発計画のお知らせの標識看板が撤去されました。
 近隣の方からの情報によると、宅地開発計画が取り下げになり、2月10日に撤去作業が行われたとのことです。計画の大幅な変更を予定しているらしいので、開発が全く無くなったというものではなく、いったん取り下げて、計画を出しなおしするものと思われます。引き続き今後の動向が注目されます。
      


開発計画図 (2014.5.30) (旧計画)

2014年6月15日
 町内会経由で2014年5月30日付けの開発計画図を入手しました。
  
 ●開発計画 (PDF 1.2MB
土地利用計画図2014.5.30
       <土地利用計画図 26年5月30日>




「開発等の構想のお知らせ」が掲示され、近隣説明会開催へ! (旧計画)

2013年4月10日
 宅地開発計画が動き出し、緑地の周囲に「開発等の構想のお知らせ」が掲示され、近隣住民に、近隣説明会の開催のお知らせや説明会資料としての開発計画が配布されました。

 開発等の名称:(町田市)本町田7宅地造成工事
 開発等の位置:町田市本町田字二号249番 外
 事業者    :株式会社 さくら建設
 区域の面積  :20,377.38平方メートル
 開発行為  :84宅地  土砂等の搬出入 有
 事業期間  :平成25年11月21日〜平成28年1月6日

近隣説明会は4月20日(土)9:30から町田文化交流センターで開催されます。
近隣説明会の受付には、配布資料の受付確認書が必要になるようです。

詳しくは近隣の会員から入手した配布資料をごらんください。

 ●近隣説明会開催の案内 (PDF 約4MB)
 
 ●開発計画 (JPEG版 各2MB位置図 区域図 計画図) (PDF版 約24MB
土地利用計画図
       <土地利用計画図 25年4月10日>





宅地開発計画があることが判明! (旧計画)

2012年1月28日
 谷戸の谷底部の建物が取り壊されたり、市道の境界が新しくなっていたり、埋もれていた境界杭が掘り出され確認できるようになっていることなどから、土地の売買や開発の動きがあることが予想されていました。
 そこで、会員が、東京都に対して情報開示請求を行ったところ、宅地造成の計画があることが判明しました。
 東京都内では「東京における自然の保護と回復に関する条例」により、一定規模以上の自然地を開発する際は知事の許可が必要になるので、その関連文書を入手したものです。
 
 計画によると、谷戸に土砂を入れ、湧水を埋め立てて、約90区画もの戸建住宅の宅地造成を行うというものです。
 計画通りに事業が進めば、ほとんどの緑は失われ、水路は暗渠になり、多くの生きものや自然が失われることとなります。

宅地開発計画図231226
宅地開発計画図231226  <宅地開発計画図231226のPDFファイル>


開示された文書の一部
開示された文書の一部